トップページ > 日本のホテル一覧 > 帝国ホテル東京

帝国ホテル東京Imperial Hotel

このページでは、帝国ホテル東京の概要とアメニティをご紹介しております。

日本のホテル

帝国ホテルのアメニティ一覧

高級デパートでしか手に入らない女性に大人気のブランド。和漢植物エキス配合で、肌に優しい化粧品シリーズ。アメニティでは、「メディテーション」シリーズが使用されています。アロマティックハーブの香りが残り、髪もしっとり。 ボディシャンプーのアロマティックウォッシュは、疲れたからだと心をいたわるようなハーブと、爽やかなスパイシーハーブの香りを絶妙にブレンドされていて、安らぎ感と爽快感を同時に感じることができます。

純国産オーガニックハーブ配合エッセンスの働きで素肌をいたわるように、髪を芯からさらさらに洗い上げます。髪と地肌のうるおいを守る弱酸性です。洗い上がりがさっぱりで、地肌にも優しく、洗うたびに髪がさらさらになっていきます。


帝国ホテル東京 概要

帝国ホテル東京帝国ホテルは1890年(明治23年)、11月3日に完成し同7日に「日本の迎賓館」として東京日比谷に開業しました。ホテルに隣接する鹿鳴館と密接な関連を持ち、井上馨が渋沢栄一と大倉喜八郎の2人を説いて『有限会社帝国ホテル会社』を設立させ建設しました。(今現在は、ホテルをチェーン展開する企業の株式会社帝国ホテルとなっています。)

2004年には国際興業がサーベラス ファンドに買収されますが、2007年10月に国際興業保有帝国ホテル株式の大半が三井不動産に売却されました。 現在は三井不動産が約33%を保有する筆頭株主となった。帝国ホテル設立から120年以上にわたり世界中のお客様が集う小さな国際都市。120年間おもてなしの心は今も昔も変らず、皆様との出会いとともに進化し続けています。今では、帝国ホテル東京、ホテルオークラ東京、ホテルニューオータニ 東京を指してホテル業界では「御三家」と呼ばれるようになりました。

帝国ホテルでは、宿泊客専用施設として無料会議室、ビジネスセンター、室内プール、フィットネスセンター、エステティックサロン、ベビールーム等を備えています。また、日比谷公園・ビジネス街に近いだけでなく、銀座などでもショッピングや観劇、そして、東京の都心ならではの夜景も楽しむことができます。

〒100-8558 東京都千代田区内幸町1-1-1
TEL:03-3504-1111 / 宿泊予約専用TEL. 03-3504-1251
URL:http://www.imperialhotel.co.jp/j/
客室数:931室(本館570室、タワー361室)
宿泊料金:41,580円〜

リクエストフォーム
免責事項
当サイトの掲載している情報については万全を期しておりますが、その内容を保障するものではございません。ご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。また、著作権は放棄しておりません。